音楽工房ラング・ド・舎 Blogs~♬
We are specialists for the planning and organization of live performances at events,party and concerts. ・・・♪Music Productions "Langue de Chat" since1995


 PROFILE

Langue de Chat

Author:Langue de Chat
音楽工房ラング・ド・舎
1995年5月設立。
ラング・ド・舎"Langue de Chat"=仏語で「猫の舌」という意味です。

〒745-0004
山口県周南市毛利町3-37-1
TEL 0834-31-6795
FAX 0834-31-6796
HP: http://langue_de_chat.fc2web.com



 



 RECENT ENTRIES



 CATEGORY



 LINKS

このブログをリンクに追加する



 MAILFORM

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ギャラリーコンサート
先月、ギャラリーで行った「モダン・クラシック~タンゴ&クラシックの響演」のコンサート。

今回、ブッキングしたのは、ヴァイオリン、ピアノ、パーカッションという組み合わせ。この組み合わせ、ちょっと珍しいかもしれない。
neko01.jpg

「モダン・クラシック~タンゴ&クラシックの響演」と題したこのコンサート。
クラシック音楽の確かな演奏技術を駆使して、「モダン・クラシック」をコンセプトに、タンゴとクラシックの双方に、新たな境地を探求しつつ、クラシックという枠を超えた遊び心いっぱいの上質な音楽をお届けします、というもの。

なにやらごちゃごちゃ書いてますが、ようは・・・
『タンゴもクラシックも肩の力を抜いて楽しんじゃってください!』
という感じ。


実は、このコンサートを開くきっかけとなったのが、小学校からの音楽会の依頼が最初にあって、ヴァイオリンとピアノの演奏が先に決まっていたことが始まり。

学校のコンサートは、たいてい午前中に終わる。(特に小学校は。)
ヴァイオリンもピアノの演奏者も二人とも広島から来てるので、午前中でそのまま帰すのは、もったいないなぁ、と思い、マルチのパーカッションを加えたブッキングを企画してみた。

当日は、午後リハーサル、そして夜にギャラリーでコンサートを開催することにした、ということで決定したコンサートだった。

taka02.jpg
写真は、初めて間近でヴァイオリンを見て、ぽか~んと口を開けて聴いている子供たち。

taka03.jpg
演奏者が子供の頃に使用していた子供用のヴァイオリンを弾いてみよう!という体験コーナー。
子供たちから頂いた綺麗な花束は、夜のコンサートの会場に飾らせていただいた。


今回のコンサートでは新しい発見もあった。
ヴァイオリンってこんなに様々な表現ができて、これほどに美しい音色の楽器だとは!
実はこれまで、これほど澄み切って、そして柔らかくて、心にすーっと入っていくヴァイオリンを聴いたことがなかった。

学校からリハーサル~本番と、朝から晩まで、耳に心地よい彼のヴァイオリンの音色をすぐ側で聴くことができたのは役得以外、なにものでもない。

この音色を早くお客様に聴かせたい!きっと楽しんでいただける!
そう期待せずにはいられなかった。

また、ひょうきんな彼のキャラクターは、コンサートのテーマの「遊び心いっぱいの上質な音楽」をまさに、そのまま楽器で表現してくれるものだった。
そんな彼の演奏に、絶妙なタイミングでサウンドを入れてくるパーカッション。
リハーサルでは、そのたびに弾きながら「うぉ~~~」とか「ひょ~~~」と叫ぶ。(笑)
3人とも実に楽しそうだ。
rh03.jpg

rh01.jpg

後から聞いた話だが、二人ともお互いに音を入れる(演奏をする)のを止めてしまおうか、と思うほどだったとか。別々に二人が同じことを言ってるのには、ちょっと驚いた。

今回、クラシックのコンサートに初めて来た、というお客様も多く、「クラシックって聞いて緊張していたのだけど、こんなに楽しいものだったのね。」と言われ、それが本当にすごく嬉しい言葉だった。

席が足りなくなるほどの満員御礼のお客様の前で、生き生きとのびのびと楽しげに演奏する3人を見ながら、やっぱり生のコンサートはいい!!と、改めて感じた一日だった。


♪「モダン・クラシック~タンゴ&クラシックの響演」の様子は、こちらから。

♪「ヴァイオリンコンサート~小学校」の様子は、こちらから。


スポンサーサイト

テーマ:音楽会・クラシック・ジャズ - ジャンル:学問・文化・芸術


モダン・クラシック~タンゴ&クラシックの響演
2005年10月11日に"ギャラリー三匹の猫"で行われた「モダン・クラシック~タンゴ&クラシックの響演」のコンサートの様子です。(画像をクリックすると大きくご覧いただけます。)

neko01.jpg

neko02.jpg

neko03.jpg

neko04.jpg

neko05.jpg

neko06.jpg


===プログラム===
<第一部>
チャウ パリ
オブリヴィオン
タンティ アンニ プリマ
ラ クンパルシータ
リベルタンゴ
<第二部>
チャルダッシュ
愛のあいさつ
タイスの瞑想曲
エトピリカ
情熱大陸
~アンコール~
はじめからおわりまで
赤とんぼ
星に願いを


お陰様で満員御礼となり、大盛況のうちに終了することができました。
本当にたくさんの皆様にご来場いただき、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。


☆お問い合わせはhttp://form1.fc2.com/form/?id=26101まで。


テーマ:音楽会・クラシック・ジャズ - ジャンル:学問・文化・芸術


モダン・クラシック~タンゴ&クラシックの響演 リハーサル風景
2005年10月11日(火)「ギャラリー三匹の猫」にて行われた「モダン・クラシック ~タンゴ&クラシックの響演」のリハーサル風景です。

rh03.jpg

rh02.jpg

rh01.jpg


出演: EL ARRANQUE(エル アランケ)
 ヴァイオリン:山根啓太郎/ピアノ:筒井真理子/パーカッション:三浦眞美


テーマ:音楽会・クラシック・ジャズ - ジャンル:学問・文化・芸術


ギャラリーコンサート~タンゴ&クラシックの響演
「モダン・クラシック~タンゴ&クラシックの響演」
tangoduo.jpg

日時:10月11日(火)18:30開演(18:00開場)
場所:「ギャラリー三匹の猫」 山口県周南市新堀6676-1 TEL 0834-21-0600
入場料:3000円(※要予約)
出演: EL ARRANQUE

ノスタルジーと情熱で色彩豊かに響く「モダン・クラシック」。
ヴァイオリン、ピアノ、パーカッションによるクラシックという枠を超えた遊び心いっぱいの上質な音楽をお届けします。
       
「EL ARRANQUE (エル・アランケ)」
クラシック音楽の確かな演奏技術を駆使して、「モダン・クラシック」をコンセプトに、タンゴとクラシックの双方に、新たな境地を探求すべく結成された「EL ARRANQUE」。
クラシック、ポピュラーといったジャンルを超えて、今、始動する。
※「EL ARRANQUE」=始動・出発の意味。

ヴァイオリン:山根啓太郎(武蔵野音楽大学ヴァイオリン科卒・広島交響楽団ヴァイオリン奏者)
ピアノ:筒井真理子(尚美音楽大学ピアノ科卒・広島市在住。)
パーカッション:三浦眞美(武蔵野音楽大学器楽学科打楽器専攻卒・周南市在住。)

【プログラム】リベルタンゴ (ピアソラ)/チャルダッシュ(モンティ) 他

♪ご予約・お申込み♪
音楽工房ラング・ド・舎 TEL 0834-31-6795
http://form1.fc2.com/form/?id=26101


<満員御礼> ※当日の様子はこちらからご覧いただけます。
http://languedechat1995.blog21.fc2.com/blog-category-24.html


テーマ:音楽会・クラシック・ジャズ - ジャンル:学問・文化・芸術




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。