音楽工房ラング・ド・舎 Blogs~♬
We are specialists for the planning and organization of live performances at events,party and concerts. ・・・♪Music Productions "Langue de Chat" since1995


 PROFILE

Langue de Chat

Author:Langue de Chat
音楽工房ラング・ド・舎
1995年5月設立。
ラング・ド・舎"Langue de Chat"=仏語で「猫の舌」という意味です。

〒745-0004
山口県周南市毛利町3-37-1
TEL 0834-31-6795
FAX 0834-31-6796
HP: http://langue_de_chat.fc2web.com



 



 RECENT ENTRIES



 CATEGORY



 LINKS

このブログをリンクに追加する



 MAILFORM

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鈴々舎馬るこ「笑点」出演!8/2(日)17:30~
鈴々舎馬るこ②

8月2日(日)17:30~の「笑点」に、
山口県防府市出身の落語家<鈴々舎馬るこ>が出演します!
現在、BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利のレギュラーの馬るこ、
このたび「笑点」の"地上波"に今年2度目の登場です!

放送は、8月2日(日)夕方5:30~
(日テレ系列。山口はKRY山口放送です。)
笑点|日本テレビ

ぜひご覧ください☆

スポンサーサイト

鈴々舎馬るこ独演会in防府 8月15日(土)
問い合わせ変更

鈴々舎馬るこ独演会in防府

日時:2015年8月15日(土)14:00開演(開場13:30)
場所:防府天満宮 参集殿2F
入場料:大人 前売1,500円 当日2,000円
中学生以下 500円(前売、当日同一料金)
※全席自由

チケットのお申込みは、メッセージまたは、
こちらのメールフォームまで。
http://form1.fc2.com/form/?id=288739

=============================
鈴々舎馬るこ(れいれいしゃまるこ)
山口県防府市出身
2003年4月  鈴々舎馬風(現落語協会最高顧問)に入門。
     6月  前座「馬るこ」で楽屋入り。
2006年5月  二つ目昇進。
2010年3月 第9回さがみはら若手落語家選手権優勝
2011年10月 平成23年度NHK新人演芸大賞決勝進出
2012年4月 第6回落語一番勝負!若手落語家選手権優勝
2013年10月 平成25年度NHK新人演芸大賞 落語部門 優勝
         第6回読売杯争奪 二つ目バトル 優勝
2014年9月  第25回北とぴあ若手演芸大賞 奨励賞

始めて落語を見る人も、落語マニアも大爆笑!
子どもからお年寄りまで垣根無く、明るく楽しい落語をお届け。
毎年回っている東北の仮設住宅でのボランティア落語の模様もDVD化されている。
はっきりとした滑舌のよさから、話し方講座も受け持つ。

【メディア出演】
日テレ「笑点」(2014年7月、2015年1月、7月)
BS日テレ「笑点特大号」若手大喜利(2013年~)
文化放送「くにまるジャパン」(2014年~)
iTnes「新ニッポンの話芸ポッドキャスト」


マイコ・ミュラープレイズJ.S.バッハ VOI.5
81eXtR6pTiL__SL1417_.jpg
マイコ・ミュラープレイズJ.S.バッハ VOI.5
<レコード芸術 準特選盤>

バッハをオーソドックスな演奏で聴きやすく、多彩な曲目を口ずさむ様に弾くマイコ.ミュラー。
魅力的なプログラムでバッハの楽しさを伝えてくれるシリーズ5弾。

マイコ・ミュラー Maiko Mueller
チェンバロ、フォルテピアノ等のピリオド楽器から現代のピアノまでを専門とし、欧米や我が国で主にドイツ音楽の解釈において高い評価を得ている国際的鍵盤楽器奏者。
故エーディト・ピヒト=アクセンフェルトの愛弟子であった。
桐朋学園大学ピアノ科卒。フライブルク国立音楽大学大学院を最優秀の成績で修了。
ピアノを主に高橋従子、E. ピヒト=アクセンフェルト、ボリス・ルヴォフ、チェンバロをE. ピヒト=アクセンフェルト、ロバート・ヒル、山田 貢、通奏低音をミヒャエル・ベーリンガー、室内楽を故アンリエット・ピュイグ=ロジェの各氏に師事。
ソロ、室内楽、歌曲伴奏等、あらゆる分野で在学中より活発な演奏活動を行っており、中でもユーモラスなトークを交えたソロ・リサイタルは多くのファンの支持を得ている。


IMG_3577.jpg

IMG_3578.jpg



マイコ・ミュラー C.S.赤れんがチェンバロリサイタル(山口県山口市)~リハーサル風景 2014/11/9




マイコ・ミュラープレイズJ.S.バッハ VOI.5
♪試聴/ご購入はこちらから
Amazon


Katsufumi SUETSUGU plays “Mink Pond”

末次克史作曲:「ミンクの池」
演奏:末次克史


Katsufumi SUETSUGU(末次克史)

父、祖父とも教師という公務員の家庭に生まれる。
幼い頃から音楽が好きで、小学校、中学校の合奏部、ブラスバンド部でパーカッションやコントラバス、ユーフォニウム、指揮をするものの、正式にピアノを始めたのは中学二年生とかなり遅い。

広島音楽高等学校作曲科、武蔵野音楽大学器楽科でピアノを専攻した後、ベルギーに留学。
本格的にチェンバロを始める。
ドミニック・コルビオとはモンス音楽院で知り合い、新しい音楽を創造する彼の精神に共感し伴奏者となる。
アンサンブル “Sferarte” スフェラルト “Sferartefact” スフェラルテファクトのメンバーでもある。

気軽で身近に音楽を楽しんで貰おうと、音楽院で知り合った仲間と Les Soupers du Roy レ・スッペー・デュ・ロワ(王様の食卓という意味)を結成。

ドミニック・コルビオのアルバム Profano e Sacro プロファーノ・エ・サクロでは通奏低音奏者(チェンバロ、オルガン)としてアンサンブル “La Cetra d’Orfeo” ラ・セトラ・ドルフェオに参加。

現在はベルギーを中心に欧州でチェンバリスト、ピアニスト、通奏低音奏者として活動。
自身のコンサートではオリジナル曲も演奏するなど、作曲家としての一面も持つ。
これまでにチェンバロとシタール、マリンバ、尺八と共演するなど、自分を表現するためには楽器やジャンルに拘らないマルチアーティストである。

山口県周南市出身。 ベルギー在住。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。