音楽工房ラング・ド・舎 Blogs~♬
We are specialists for the planning and organization of live performances at events,party and concerts. ・・・♪Music Productions "Langue de Chat" since1995


 PROFILE

Langue de Chat

Author:Langue de Chat
音楽工房ラング・ド・舎
1995年5月設立。
ラング・ド・舎"Langue de Chat"=仏語で「猫の舌」という意味です。

〒745-0004
山口県周南市毛利町3-37-1
TEL 0834-31-6795
FAX 0834-31-6796
HP: http://langue_de_chat.fc2web.com



 



 RECENT ENTRIES



 CATEGORY



 LINKS

このブログをリンクに追加する



 MAILFORM

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QRコード



クリエイティブ・スペース赤れんが所有のチェンバロ
akarenga.jpg

チェンバロは、フランシスコ・サビエルが大内義隆に献上したとされる「マニコルディオ」という楽器が
原型となり発展したという説があります。
それに基づいて、山口県の山口市では、十数年前に大内菱とサビエルの紋章が入ったチェンバロを製作し、クリエイティブ・スペース赤れんがで保管、管理されています。

hp004yamaguchi.jpg
※C.S.赤れんがのチェンバロ 製作者:佐藤裕一氏


tn_hp018yamaguchi.jpg
※側面に配置された大内氏の家紋=大内菱

クリエイティブ・スペース赤れんがのために、制作されたチェンバロには、
側面の大内菱の家紋のほか、蓋の内側部分には、やはり山口ゆかりの
<フランシスコ・ザビエル>の紋章も描かれています。

akarengac.jpg

hp017yamaguchi.jpg
※装飾:高倉由美子氏 脚部木工:後藤和孝氏

akarenga001.jpg
※18世紀フレンチモデル


■このチェンバロを使ったコンサートが、2008年7月12日(土)19:00から開催されます。
クリエイティブ・スペース赤れんが  TEL 083-928-6666
http://www.c-able.ne.jp/~renga-ya/


♪詳細は、こちらから。
J.S.バッハの夕べ 「マイコ・ミュラー(チェンバロ)」
(新譜CD "プレイズ J.S.バッハ Vol.4" 発売記念コンサート)

◆お問い合わせ/ご予約◆
音楽工房ラング・ド・舎
TEL 0834-31-6795 FAX 0834-31-6796

16516050_1716509892.jpg


スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント
はじめまして
自分の名前で検索したら、こちら様の記事にたどり着きました。
この楽器の脚部木工を手がけた者です。

早速MIXIに紹介させていただきました。
【2008/01/06 17:16】 URL | チッチの父 #Z3shsFYQ[ 編集]

チッチの父さま
はじめまして。
脚部木工の作家さんにお越しいただけるなんて、光栄です。
MIXIへのご紹介もありがとうございます。

豪華な装飾が施された楽器に、ぴったりの素晴らしい脚部ですね。
【2008/01/07 11:38】 URL | ラング・ド・舎 #-[ 編集]

いつもみています
初めて書き込みます。いつも拝見しております。また遊びにきます!
【2008/10/23 15:36】 URL | hana #-[ 編集]


hana様、ありがとうございます。
不定期な更新ですが、また、ぜひ遊びにいらしてくださいね。
【2008/10/23 22:04】 URL | ラング・ド・舎 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://languedechat1995.blog21.fc2.com/tb.php/103-13aa7c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)