音楽工房ラング・ド・舎 Blogs~♬
We are specialists for the planning and organization of live performances at events,party and concerts. ・・・♪Music Productions "Langue de Chat" since1995


 PROFILE

Langue de Chat

Author:Langue de Chat
音楽工房ラング・ド・舎
1995年5月設立。
ラング・ド・舎"Langue de Chat"=仏語で「猫の舌」という意味です。

〒745-0004
山口県周南市毛利町3-37-1
TEL 0834-31-6795
FAX 0834-31-6796
HP: http://langue_de_chat.fc2web.com



 



 RECENT ENTRIES



 CATEGORY



 LINKS

このブログをリンクに追加する



 MAILFORM

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロシアブームの到来!?~マトリョーシカ
red1-big.jpg

ロシア土産の代表格マトリョーシカが再ブレイク!

 今、マトリョーシカがブームである。女子系雑貨に疎いオジサンには寝耳に水かもしれないが、雑貨ショップには人形をはじめとしたマトリョーシカのアイテムが並び、ヤフーオークションでも、手作りをメインとしたマトリョーシカのグッズが常時600点前後出品されている。マトリョーシカとは、ご存知のように胴体の部分でふたつに分かれ、入れ子構造になった置物。ロシアの土産物で、カチューシャをつけた女性像がメインだが、最近ではエリツィンやゴルバチョフなど歴代大統領のマトリョーシカもあり、バラエティに富んだものが作られている。

 大きいマトリョーシカのなかに中ぐらいのマトリョーシカ、そのなかからさらに小さいマトリョーシカが出てくるこの仕掛けは、日本の民芸品“こけし”と“入れ子細工”を合体したようなもの。それもそのはず、19世紀末に箱根を訪れたロシア正教会のロシア人修道士が、帰国の際、箱根細工の人形(こけし、だるまなど)をいくつか持ち帰ったのがヒントになったと言われている。1900年のパリ万博に出品されたのがきっかけで、日本でも知られるようになったマトリョーシカは、いわばパワーアップして帰ってきた逆輸入商品。日本人に愛好者が多いのも大きくうなづける。

 それまで海外雑貨と言えばアメリカ、フランス一辺倒だった日本に、90年代の渋谷系ブームとともに訪れた北欧雑貨の流行。その潮流が東欧に移り、ここ数年でロシアまでたどり着いた。しかし、意外にも、チェコで国民的人気を誇る“チェブラ―シカ”のようなキャラクターではなく、アイテム自体が注目されるのはマトリョーシカが初めて。
 現在はなぜかパンダのマトリョーシカが人気を集めているが、動物やキャラクターなどさまざまなマトリョーシカが作れるだけあって、今後の広がりが期待できる。

パンダマトリョーシカ 価格 1,260円 (税込)

 ちなみに、スタイルは西洋的だが、風貌にアジア的な親しみが感じられるせいか、現在ファッション誌などで活躍する外国人女性モデルは、実はロシア系が圧倒的に多い。
 来年は、マトリョーシカをはじめとした雑貨だけではなく、ロシア系芸能人やロシア音楽、ロシア料理など、ロシアそのものがブームになるかも!?
(2007年11月15日 ニュース-ORICON STYLE-)


スポンサーサイト

テーマ:*北欧・西欧・東欧雑貨* - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://languedechat1995.blog21.fc2.com/tb.php/134-69929315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。