音楽工房ラング・ド・舎 Blogs~♬
We are specialists for the planning and organization of live performances at events,party and concerts. ・・・♪Music Productions "Langue de Chat" since1995


 PROFILE

Langue de Chat

Author:Langue de Chat
音楽工房ラング・ド・舎
1995年5月設立。
ラング・ド・舎"Langue de Chat"=仏語で「猫の舌」という意味です。

〒745-0004
山口県周南市毛利町3-37-1
TEL 0834-31-6795
FAX 0834-31-6796
HP: http://langue_de_chat.fc2web.com



 



 RECENT ENTRIES



 CATEGORY



 LINKS

このブログをリンクに追加する



 MAILFORM

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QRコード



あすという日が


「あすという日が」 作詞 山本瓔子 作曲 八木澤教司

震災のため全国大会に出場辞退を余儀なくされた
仙台市立八軒中学校の吹奏楽・合唱部の生徒さんたちが、
被災地の避難所での生活をされている方々に、
プレゼントした合唱曲「あすという日が」。

先日、NHKのニュースで紹介されたので、ご存知の方も
いらっしゃるかと思います。

仙台市立八軒中学校は、昨年10月に東京普門館での
全日本吹奏楽コンクール全国大会に出場し、
その全く同じメンバーと先生が、
翌日、兵庫での全日本合唱コンクール全国大会にダブル出場。
これは、史上初の快挙だそうです。

3月19日も鹿児島でのアンサンブルコンテストの全国大会に出場予定でしたが、
震災のため、出場を断念せざるを得ませんでした。
そこで生徒さんたちは、大会と同じ時間に学校に避難されている方を招いて
「音楽のつどい」を開催したのだそうです。

避難所の方々が、この歌でどれほど勇気づけられたことでしょう。


明日という日があるかぎり 幸せを 信じて
明日という日がくるかぎり 自分を信じて

がんばろう!日本!!


※映像の演奏は仙台市立八軒中学校の生徒さんによるものかは
不明です。


作曲をされた八木澤教司さんの公式サイト
http://www.sounds-eightree.com/
スポンサーサイト

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽