音楽工房ラング・ド・舎 Blogs~♬
We are specialists for the planning and organization of live performances at events,party and concerts. ・・・♪Music Productions "Langue de Chat" since1995


 PROFILE

Langue de Chat

Author:Langue de Chat
音楽工房ラング・ド・舎
1995年5月設立。
ラング・ド・舎"Langue de Chat"=仏語で「猫の舌」という意味です。

〒745-0004
山口県周南市毛利町3-37-1
TEL 0834-31-6795
FAX 0834-31-6796
HP: http://langue_de_chat.fc2web.com



 



 RECENT ENTRIES



 CATEGORY



 LINKS

このブログをリンクに追加する



 MAILFORM

名前:
メール:
件名:
本文:



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「てるくんのマリンバコンサート」生徒さんの感想文
2005年10月7日(金)に山口県立柳井商業高等学校で思春期指導講師招聘事業の一環で行われた「てるくんのマリンバコンサート」を聴いて、生徒さんたちが書かれた感想文を送っていただいたので、ご紹介させていただきます。なお、感想文は原文のまま掲載しています。

ryusyo.jpg
RYUSHO HOT INFORMASION 「10月のトピックス」(クリックすると大きく表示されます。)

yanai03.jpg
◆今日の武居さんのマリンバコンサートで、5曲目に演奏された「白鳥」という曲が印象に残りました。マリンバの柔らかい音色は、聴いていてとても心地よかったです。「光とともに」というドラマを見たことがあったので、自閉症という障害は少し知っていたけれど、身近に感じたことがなかったので驚きました。自閉症という障害をかかえながらも、何かのことを一生懸命にされている姿は、とても素敵だと思いました。感動しました。(2年女子)

◆武居輝樹さんが、マリンバを一生懸命弾いている姿を見て感動しました。私も小さいころピアノをやっていたけれど、ピアノに行けるのが当たり前と思うようになり、練習をしなくなりました。その点、武居さんは自閉症という障害を持っていてもマリンバにかける情熱が大変大きく、すごいなぁと思いました。いままで自閉症という病気を知らなかったけれど、これからそういう人に出会っても、障害者だからという目でみるのではく同じ仲間としてみていきたいです。自閉症は生まれた時から死ぬまで治ることがないと聴いて驚きました。今まで、父や母に反抗してきたけれど、今後は自分を産んでくれてありがとうという気持ちで接していきたいです。武居さんの曲の中でも、チキチキ・バンバンという曲は、テンポも速くて、すごく器用に弾いているなあと思いました。これからもがんばってほしいです。(2年女子)

◆武居さんのお母さんの話は、感動しました。途中で涙が出そうになったくらいでした。お母さんは、とても簡単そうに説明されたけれど、本当はもっと辛いんだと思います。突然、どっかに走っていくから、連れ戻さないといけないけれど、下手に手を出せば叫んでしまうしで、小さい頃から大変だったと思います。がんばってください。(2年女子)

◆私が一番上手だなあと思ったのは、「剣の舞」という曲でした。動きが早く、見ているだけでもすごかったし、聴いていてもすごいなあと思いました。(1年女子)

◆輝君は、私と同じ下中の出身です。だから、輝君のことは中学校の時から知っていました。輝君は、中学校の時から、何事にも挑戦する子でした。輝君がマリンバを演奏している姿は、とても輝いていてすごく素敵でした。輝君の家族は音楽一家でとても音楽好きと聞きました。輝君がマリンバで、お母さんがピアノで演奏していた時、すごいなあと思いました。お母さんが言われたように、自閉症の人は輝君に限らず、全国にたくさんいます。その人達を特別な目で見るのではなく普通に接する事が大切だと思いました。(3年女子)

◆輝樹さんが、初めてマリンバを弾いた時、何より嬉しかったのは、お母さんだろ思います。お母さんの支えあり、輝樹さんのやる気があったからこそ、美しいマリンバの演奏があるんだと思います。これからもがんばってください。(3年女子)

◆私は、同じ中学校だったのですが、今日久しぶりに姿を拝見し、驚きが何倍にもなりました。中学校の頃とは、全くと言っていいくらい身長が高くなっておあられ、随分大人びていらっしゃいました。中でも「BELIVE」は中学校の合唱コンクール以来、耳にして何年か前の思い出がよみがえってきました。(3年女子)

◆てる君は、いつも駅で見かけています。今日見た、てるくんは、いつも駅で見ているてる君より格好良かったです。今日のコンサートで、私に勇気をくれました。ありがとう。(3年女子)
yanai01.jpg
◆自閉症は、何度かテレビで見ましたが、テレビの症状とは少し違っていました。音に敏感な人、味覚に敏感な人、光に敏感な人など・・・私には、自閉症の人がどの様な思いをしているのか全くわからないけれど、不安になりやすいのだと感じました。なのに、堂々と演奏できるなんてすごいと思いました。(3年女子)

◆社会には、たくさんの人が障害を持って生活していらっしゃると思うので、そんな人達が暮らしやすい社会になればいいと思いました。(3年女子)

◆自閉症の話を聞いて、自閉症とは自分とは無関係だと思っていましたが、どうではないと思いました。1000人に1人というのは、とても驚きました。そして一生付き合っていかなければいけないというのは、大変です。私たちが手を差し伸べて助け合っていかなければと改めて思いました。(3年女子)

◆マリンバを懸命になって演奏している姿を見て、心打たれました。そして、今自分が悩んでいることはいったい何なのかを考えさせられました。僕は、自分自身情けなく思い、自分も人一倍頑張らなくてはいけないと思いました。そのためには、毎日努力しないといけない。努力するためには、目標が必要です。今の僕には、目標がだんだん薄れて努力しようがない状態です。目標は、明確でなければいけません。輝樹くんは、自閉症という障害をもちながら生きています。健康な僕は、負けていられません。(1年男子)

◆お母さんの話の中に、一番つらかった事は「自閉症の子がいるから負ける。」と言われたときだ、と聞きました。差別しないで平等に接していきたいです。(2年男子)

◆輝樹さんは、マリンバを演奏している時としていない時とでは、全く表情が違っていました。していない時は、不安な表情で落ち着きがありませんでしたが、演奏中は全く別人のようで自信に満ち溢れていました。演奏の間にお母さんのお話がありました。聴いていると輝樹さんは、かわいそうだなと思っていましたが、コンサートも終わり、このプリントを書いているときに思いました。もう障害者を見ても、かわいそうだと思いません。
それは、なぜか。それは、生まれつきの個性だから・・・(1年男子)


学校音楽会「てるくんのマリンバコンサート」


☆お問い合わせはhttp://form1.fc2.com/form/?id=26101まで。

スポンサーサイト

テーマ:音楽会・クラシック・ジャズ - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://languedechat1995.blog21.fc2.com/tb.php/65-b853b81a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。